ニュースリリース

中国深セン市で開催されたWTA年次総会に出席しました。

TradeSafe社は、2017年に加盟した香港を議長国、事務局EBS社として、2019年10月14日に、中国・深セン市で開催されたWTA年次総会に出席しました。
今回の出席国は、マレーシア、タイ、中国、香港、台湾、日本、また、WTAの前身であるATAの創設者の一人であるシンガポールCommerceNET社副理事も出席しました。

1.エキスパートセッション

14日午後、ホスト国中国EBSによる歓迎挨拶、議長国香港挨拶、進行役台湾の挨拶のあと、年次総会に先立ってEC関連専門家によるエキスパートセッションが行われ、以下について報告されました。

  •  (1)日本/TradeSafe ODR関係報告
  •  (2)マレーシア/CSM サーバーセキュリティ
  •  (3)中国/EBS 信用構築
  •  (4)シンガポール/CommerceNET データ保護倫理
  •  (5)ゲスト/北京大学教授 知的財産とデジタルバリヤー
  •  (6)タイ/タイ政府 タイのEC

2.タスクフォースミーティング会合

続いて、タスクフォースミーティング会合が行われ、下記事項などが決定されました。

 (1)World Trustmark Alliance名称変更
 より活動の幅を広げるべく、名称をWorld Trustmark and Trade Allianceに変更(略称はWTAのまま)する。
 (2)次期議長、副議長の推薦と決定
 台湾が任期2年の次期議長国と決定した。副議長は、TradeSafe、CommerceNETシンガポールとなっている。
 (3)専門家メンバー
 前回に続いて、WTAへの貢献により、TradeSafe万代、SOSA Dr .JJ Pan、SCM Ms. Hasnida Zainuddin、が名誉専門家メンバーの認定を受けた。
 (4)次回年次総会
  •  2020年 タイ
  •  2021年 フィリピン(SureSEALが名称変更し、再度参加する見込み)

3.第二回深センインターネットインテグリティカンファレンス

深センEBSが主催したEC関連の統合イベントにゲストとしてWTAメンバーが招待され、パネルディスカッションでのスピーチや贈呈式のプレゼンター、深セン・香港・マカオにおける中華圏EC経済圏構想にかかる調印式での立会人を担当いたしました。

TradeSafeトラストマーク導入